« 真夏のUVケア | トップページ | リニューアル☆彡オーガニックアルガンオイル »

【新生】ロザリアンモイストローションの機能成分その2

こんにちは。

猛暑かと思えば、豪雨・・、みなさまご無事でお過ごしでしょうか・・?
10年のロングランでご愛用頂いております、保湿ローズ化粧水、ロザリアンモイストローションに、機能成分が加わって、
【新生】ロザリアンモイストローションとして、リニューアルされました。
今後も引き続きご愛用頂けますようよろしくお願いいたします。
Newlotiontop
先日ご紹介しました、ビサボロール新成分に引き続き、新機能原料:エリンギウムマリチムムカルス培養液についてご紹介いたします。
Maruchimumurukasueco
フリーズドライ生産の植物幹細胞原料で、キャリーオーバーを含まない、エコサート認証を取得しています。
フランスの海岸沿いに自生する、厳しい環境に強いハーブ、マリンフェンネル。
Marinfennel02
軽井沢オーガニックの森にも、フェンネルの花がこれから咲こうとしています。
Img_20170723_082811_043 2017年撮影
お肌の酸化をストップさせる強靭なボリフェノールを含有しているのも嬉しいポイントですが、
Maruchimumurukasumeranin
こちらの図をご覧ください。
シミが作られる①②③の段階で、おのおの制御が働くため、シミが出来にくくなる仕組み。
ダメージの多い夏こそ、ビサボロールとWのシミケアでメラニンを抑制し、



ハリを回復させ、初秋には、しっとりと透明感のある陶器肌を創り上げましょう。



もちろん、完全ケミカルフリーのオールシーズンUVホワイトエッセンスの併用をお忘れなく。



来月よりロザリアンモイストローション定期便のお客様へ【新生】ロザリアンモイストローションをお届けします。


お楽しみに!



ありがとうございました。

|

« 真夏のUVケア | トップページ | リニューアル☆彡オーガニックアルガンオイル »

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夏のUVケア | トップページ | リニューアル☆彡オーガニックアルガンオイル »